不登校で暗い家庭環境を解決したい。親としてできることは

不登校の悩み解決

子供が不登校で家にいると、連鎖するように家族の気持ちも塞ぎがちになってしまいます。

この暗さの原因は、子供との会話が減ってコミュニケーションがうまく取れないことや、親の性格によっては世間体を気にしすぎている場合もあるでしょう。

また不登校の原因が、これまでの家庭環境にあるのでは?と悩んでしまう親も多いです。

そこでこの記事では不登校と家庭環境の関係や、不登校で暗くなりがちな家庭の雰囲気を明るくする方法について紹介していきます。

不登校になった子供。どんな家庭環境が原因なのか?

不登校になった子供。どんな家庭環境が原因なのか?
子供が不登校になりやすい家庭環境には、一定の共通点はあるのでしょうか?

たとえば世間一般的には、

・親が忙しすぎて子供にかまってあげられない家庭環境
・シングルマザーで子供の育て手が足りない家庭環境

が、不登校になりやすいのでは?という固定概念がありますね。

しかしこれは大きな誤解です。

これまでのデータを見ても、母親が専業主婦の家庭でも不登校になる子供は多いですし、祖父母の代との2世帯で生活していても不登校になっている子供は一定数以上います。

また親の経済状況と不登校にも因果関係はありません

したがって不登校の原因と家庭環境は、はっきりと切り離して考える必要があります。

さらに言うと、いつまでも家庭環境に原因を求めようとすることで、子供の不登校を解決するための核心から遠ざかってしまいます。

ただし子供の不登校が慢性化してしまう家庭環境には、ある共通点があります。

それは、子供の不登校を「恥ずかしいこと」として受け止めて隠そうとする家庭です。これは引きこもりの家庭にも同じことが言えます。

このような価値観の親は、子供の問題をいつまでも家庭だけで解決しようとしてしまうため、なかなか外部の第三機関に支援を求めることをしません。

周りの親しい人にも子供の状況を隠そうとするので、どんどん世間から孤立してしまいます。

もしも子供の心の回復のために家庭環境のことを心配するのであれば、過ぎてしまったことよりも、これから家族としてどう不登校と向き合っていくか?について、周りの人も巻き込んでオープンに考えていくようにしましょう。

【親として】不登校の子供と向き合うために気を付けること

【親として】不登校の子供と向き合うために気を付けること
では親として、子供の不登校と向き合うために何に気をつけていけばよいのでしょうか?

ここでは3つのポイントに絞って紹介していきます。

【その1】不登校を選択した子供に感謝する

【その1】不登校を選択した子供に感謝する
子供が不登校になり始めた頃は、とても肯定的に受け入れられるような気持ちにはなれないでしょう。

それは当たり前です。

無理していきなり受け入れる必要はありませんが、「不登校という形で自分の意思を表明できる子供は少ない」ということは、ぜひ知っておいてほしいです。

不登校はどうしても「甘え」と捉えられがちですが、実は違います。

学校に行きたくない理由はそれぞれですが、極限まで何かに追い詰められた時に、子供は学校に行かないことで自分の身を守っています。

もしも子供が親の目や世間の目を気にして、自分の気持ちを押し殺して学校に通い続けたとしましょう。

そのまま成長して思春期を迎えた子供が、どのようになってしまうか想像ができますか?

いつか他人を傷つけることで自分の気持ちを紛らわせたり、自分自身の人生を終える形で苦しみから逃れようと考える人も出てきます。

そうなってからは、親として後悔してもしきれません。

つまり他人を軸にした考え方で生きている子供よりも、自分を軸にしてツラさをはっきりと表現できる子供の方が、親としてもしっかり子供と向き合うことができます。

まずは、誰も傷つけることなく不登校という形で自分の身を守ろうとしてくれた子供に感謝するところから始めましょう。

【その2】不登校の状況を多くの人に知ってもらう

【その2】不登校の状況を多くの人に知ってもらう
子供が不登校になったら、できるだけたくさんの周りの人にSOSを出すようにしましょう。

けっして家族だけで不登校の問題を解決しようとしないでください。

家族だけで解決するには、必ず限界が訪れます。

とはいえ、中にはデリケートな問題をなかなか他人に伝えることが苦手な人もいるでしょう。

母親としてのプライドが邪魔する人もいます。

また家族間だけでも気持ちを共有できている環境であればまだ良い方です。

たとえば、

・母親だけが子供の不登校の問題とマンツーマンで向き合っている

・父親は無関心、もしくは不登校の子供を端的に受け入れていない

のような家庭は深刻な問題に発展しがちです。

閉鎖された環境にするのではなく、できるだけ多くの人に不登校の悩みを打ち明けることで心がとっても軽くなっていきます。

自分が思っているほど、世間が不登校に対して冷たい印象を持っていないことにも気づくでしょう。

そして協力者がたくさん現れてくれます。

価値観が違って苦手な人にムリに状況を説明する必要はありません。

自分が相談したいと思える人に心の内を吐露することで、意外なところから将来のヒントになるような気づきを与えてもらえます。

【その3】不登校の子供は腫れ物ではない

【その3】不登校の子供は腫れ物ではない
親自身が多くの人と触れ合うことで、心に余裕が出てきます。

不登校に対して、いろんな角度から見られるようにもなるでしょう。

もしも親が子供と一緒になって閉じこもった生活を送ってしまうと、時が家庭の中だけで止まってしまったような感覚になります。

全てが子供中心の生活になってしまい、四六時中子供の機嫌を伺いながら腫れ物に触れるような感じで接するようになっていきます

子供は自分の気持ちをわかってもらいたくて不登校になっている部分もありますが、かといって全ての要望が叶えられてしまう環境だと、余計に心が荒んでいってしまいます。

それは親が本当に子供のことを思って行動しているのではなく、その場しのぎで機嫌をとっていることを感じ取ってしまうからです。

たとえば、

・真夜中に親に買い物をさせてまで自分の食べたいものを食べたがる
・学校に行ったら〇〇を買ってくれる?と、不登校を交渉のネタにしてくる

などは危険信号。

このような言動をすることで親を試しているので、できないことはできないとハッキリと応えることが重要

不登校の子どもと向き合う時は、あくまでもそれまでの日常生活や家庭のルールを崩さないように気をつけましょう。

親には親のルーチンがあります。

そのことを子どもにも理解してもらって、最低限三食のご飯と、毎日の歯磨きとお風呂は欠かさないように徹底するようにしてください。

不登校な子供を元気にする方法

不登校な子供を元気にする方法
不登校で心も塞ぎがちになっている子供は、自己肯定感が低くなってしまっていることが多いです。

そのため親として、子供の自信を取り戻してあげられるような環境を作っていけたらいいですね。

ではどのようなアプローチが良いのか?3つ紹介します。

【方法1】身体の健康を優先させる

【方法1】身体の健康を優先させる
心と身体の健康はつながっています

特に心にダメージを受けていることが多い不登校の子供には、親として身体面の健康増進に努めてあげてください。

子供の不登校の時期は成長期の時期と重なっています。

バランスのとれた食事、熟睡できる睡眠環境・衛生的な居住空間を途切れなく提供することです。※無理に体を動かすよう促すことは、子供の気質によっては逆効果になる時があります。

中には不登校になると昼夜逆転してしまう子供もいますが、そのような毎日の中でも

『朝になったら(起きなかったとしても)声をかける』

『朝食(食べなかったとしても)を用意して出す』

など、根気よく続けるようにしましょう。

狙いは、子供に当たり前の生活を忘れさせないようにするためです

【方法2】子供の興味を知る

【方法2】子供の興味を知る
子供の元気を考える前に、自分自身が明るい気持ちでいられる時のことを想像してみてください。

どんな時にハッピーな気持ちになりますか?

美味しいものを食べている時、ジムで汗を流している時、韓流ドラマを見ている時・・・など、人によって様々ですよね。

共通して言えることは、「好きなことをしている時」だと思います。

それは子供も同じです。

自分の子供が『何に興味を持って何を好きなのか?』を知る努力をしてみましょう。

それはもしかしたらゲームやYouTubeなど、親にとってはあまり肯定したくないものかもしれません。

しかし時代は変わっています。

毛嫌いせずに、子供が夢中になっていることについて親も勉強してみてください。

最近のゲームは昔とは比べ物にならないほどクオリティが上がっています。

ゲームを通して人とコミュニケーションを取れるツールも整っています。

また子供たちに人気のユーチューバーには、必ず人気になっている理由が隠されています。

このように親が子供の好きなことに興味を示すことで、子供は嬉しい気持ちになり、親とのコミュニケーションを図るようになります。

【方法3】親が上手に息抜きをする

【方法3】親が上手に息抜きをする
親も一人の人間です。

親である前に誰かの子供であり、そしてパートナーにとっては一人の異性です。

また社会人としての自分も友達といる時の自分も、全て違う自分ですね。

一人の時間を大切にしている人もいるでしょう。

もしも子供が不登校になっても、できるだけ「親以外の自分」の時間を大切にしてください。

子供と向き合う時間が多いから愛情に比例するとは限りません。

不登校になって一時的に子供と向き合う時間が増えたとしても、その生活をずっと続けていく必要はないのです

親の元気は子供に影響します。

子供のために暗い表情でいる親のことを子供は一番嫌います。

自分のせいで親が暗くなっていることに誰よりも敏感になっているからです。

不登校を克服した子供達に話を聞くと、「なんかわかんないけど、いつもお母さんは笑ってた」と言う人が多いんですよ。

親が子供の前で元気でいれば、いつか子供は「自分の悩みは取るに足らないものなのかも」と思えるようになるのかもしれません。

親子でできる家庭環境を明るくする方法

親子でできる家庭環境を明るくする方法
最後に紹介するのは、家庭環境を明るくするために親子で一緒にできる取り組みについてです。

この取り組みは親が子供の不登校を尊重して、ある程度親子間のコミュニケーションが進んだ段階で行うことをおすすめします。

【方法1】不登校だからこそできる体験をしよう!

【方法1】不登校だからこそできる体験をしよう!
皆さんは平日の昼間に、商業施設や遊園地に行ったことがありますか?

とても空いていて快適に遊ぶことができます。

週末とは同じ料金なのに、なんだかとても得した気分にもなってしまいます。

このように学校に行っていないからこそできる体験を、親子でたくさん楽しんでみてください。

「学校に行っていないのにいいの?」と後ろめたい気持ちになることなんかありません。

人生の目的は学校に行くことではなく死ぬまでにどれだけ楽しめるかです。

ぜひ不登校でいる時間を有効活用して、他の子供が楽しめない楽しみ方を家族の思い出にしていきましょう。

この時の経験が後の人生で役立つ時があります。

目的を持ってお金を稼ぐことができる大人は、子供の頃のこのような体験が大きく影響することが多いんです。

自由業や起業する選択をした人には、意外にも不登校経験者が多いという事実があります。

【方法2】家族で共有できる場所を持つ

【方法2】家族で共有できる場所を持つ
無理にコミュニケーションを取ろうとすると失敗してしまう時もありますが、家族が自然と集まるような場所があると明るい家庭を保つことができます

たとえば、個別の部屋を持っていても自然とリビングに集まるようなお家には、家族にとって程よく心地よい空間づくりに工夫がされています。

それはソファーや椅子の配置が、会話を交わしやすいようになっているのかもしれません。

ゲームやパソコンがリビングでできる環境であれば子供も部屋に閉じこもることはないでしょう。

親によってはあえて、子供の部屋に空調機器やwi-fi環境を整備しない強者もいます。

子供が部屋に居心地を感じるのではなく、『家族と一緒に過ごせるリビングが心地いい』と思わせるような取り組みです。

家庭によってリビングに限らず、寝る部屋を一緒にしているパターンや、毎日お風呂に一緒に入るようにしているおうちもあります。

快適に一緒に過ごせるように工夫されています。

一つの部屋にいて家族それぞれがバラバラなことをしていてもいいんです。

同じ空間にいて居心地がいいと思えるお部屋作りを意識してみてください。

注意! こんな取り組みは逆効果

注意! こんな取り組みは逆効果
一方良かれと思って親がやった取り組みで、かえって子供の心を暗くしてしまうことがあります。

それは子供の意思とは関係なく、親が良かれと思ったことを無理強いすることです。

たとえば学校に通っていないからと言って、

・習い事を勧める

・乗り気ではない子供を外に連れ出す

などです。

子供に内緒で親が勝手に予定を入れたり、誰かと約束することもやめましょう。

計画通りにできなかった時の子供の落胆する気持ちについて考慮する必要があります。

子供の自己肯定感は、「成し遂げたこと」で積み上げられていきます。

親が本人の意思とは無関係なところで勝手に決め事をしないということです。

不登校なって自信がなくしている子供に、これ以上「できなかったこと」の記憶を増やさないようにしましょう。

まとめ

不登校で暗くなりがちな家庭の雰囲気を明るくするために、親としてできることについてまとめてきました。

何よりも親自身が不登校に対する価値観を広げて、自分が明るくいられるような工夫をしていくことが大切です。

そのためには自分だけで不登校の問題と立ち向かおうとするのではなく、できるだけ多くの信頼できる人に助けを求めてください。

信頼できる人は身近だけにいるとは限りません。

SNSセミナーなどで知り合った人にも救世主はたくさんいます。

そして、親が自分の力で充電したエネルギーを子供にも分けてあげてください。

特別なことをする必要はありません。

普通に接していく中で、「今のあなたも変わらず好き!」という気持ちを伝えていけばいいだけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました