スクールカウンセラーとは?不登校に対する効果と担ってる役割

不登校の悩み解決

子供が不登校になると、学校内のスクールカウンセラーと面談する機会を設けることがあると思います。

スクールカウンセラーとは、学校と契約している児童心理の専門知識を持つ先生のことで、不登校に限らず学校生活全般に不安を抱える親子を対象にカウンセリングを行なってくれます。

子供だけではなく親の子育ての相談にも乗ってくれる頼れる存在です。

このスクールカウンセラーは文部科学省が推奨している制度で、現在では義務教育のほとんどの学校で常駐または定期契約で生徒との面談を実施しています。

もちろん利用料金は無料で、学校内の空き教室を利用してカウンセリングが行われます。

学校によって生徒との関わり方についてはバラつきがありますが、担任の先生には言いにくいことも相談することができるので、 予約を入れて面談まで順番を待っている学校もあるぐらいです。

一方で、スクールカウンセラーに子供の不登校の問題を相談することに躊躇している親も多いです。

どこまで突っ込んだ話をして良いのか?解決策を提示してくれるのか?守秘義務は守ってくれるのか?など、不安な点がいっぱいだからです。

そこでこの記事ではスクールカウンセラーの特徴を説明しながら、不登校の親子がスクールカウンセラーに相談することは意味があるのか?どのように活用していけば良いのか?について紹介していきます。

スクールカウンセラーは『いる?・いらない?』

スクールカウンセラーは『いる?・いらない?』
学校によってスクールカウンセラーの質に差があるのは現実です。

また学校の不登校に対する考え方によっても、スクールカウンセラーの選定基準に違いが出てくるでしょう。

とはいえスクールカウンセラーの存在は、これからどんどん必要不可欠な時代です。

もしも子供の不登校で悩んでいて、まだスクールカウンセラーを利用したことがない人は、ぜひ一度は面談の予約を入れてみてください。

なぜならスクールカウンセラーと面談する一番の目的は、親が子供の状況について話す機会を持つことだからです。

話を聴いてもらうだけで心が軽くなりますし、人に話をすることで頭の中を整理することができます。

つまり話しながら、『子供が不登校になるまで』『なってからの今の状況』を俯瞰して見るきっかけを持てるのです。

この行為によって、親は「今何に一番苦しんでいるのか?」を浮き彫りにすることができます。

またカウンセラーを目の前にすることで、子供のことで悩み苦しんでいる自分を理解してもらい、労ってもらう目的もあります。

ほかにもスクールカウンセラーは、不登校を支援してくれる外部の機関を紹介してくれる窓口にもなってくれます。

子供の状況に応じてより専門的なケアが必要と判断した場合は、国や民間が行なっている不登校支援を紹介してくれるということです。

スクールカウンセラーは心理学の専門の大学を出ているので、精神科の病院とも横のつながりがあります。

このようにいきなり外部の機関を利用するのではなく、スクールカウンセラーに一度話を聴いてもらってから、次にどこに支援を依頼すれば良いのか?の道筋を作ることができます。

スクールカウンセラーは、そのためのワンクッションと捉えても良いでしょう。

一方で学校の先生にはそこまでの情報も権限もありません。

学校と生徒のパイプ役を担うために配属されているスクールカウンセラーは、「いる・いらない」の基準で判断するのではなく、子供の復学に向けての第一歩として利用するものと思ってください。

【不登校に関して】スクールカウンセラーに相談・面談した場合

【不登校に関して】スクールカウンセラーに相談・面談した場合
スクールカウンセラーは、問題解決に向けて具体的な提案をしてくれることはあまりありません。

むしろじっくりと親の話を傾聴して、心の奥底に隠れている悩みを引き出すことに力を注いでくれる存在です。

よってたとえば、いじめの問題に対していじめた生徒に直接何かを働きかけることはありません。

また、不安症などの理由で学校に行きづらい生徒に対して、不安症を克服するような具体的な提案を行うこともありません。

ではどのような対応をしてくれるか?と言うと、

「このように考えたら気持ちがもっと楽になるよ」

「不安になった時には〇〇してごらん」

など、親子の話を聞いた上で過去の事例や心理学と照らし心の問題と向き合う対処方法をアドバイスしてくれます

場合によっては、いじめや特定の先生に悩んでいる生徒の相談を受けた時には、担当の先生を通じて問題解決に向けて動いてもらうよう依頼することもあるかもしれません。

しかしあくまでもカウンセラーは生徒の意思を第一優先するので、強引に自己判断で問題解決に向けて行動を起こすようなことはしません。

したがって、「スクールカウンセラーに相談すれば、もっと状況が変わるのかと思ったと期待していた親ほど、がっかりする気持ちになってしまうのかもしれません。

ただこっちの話を黙って聞いているだけで、物足りなかった・・・。と感じる方もいます。

逆に、スクールカウンセラーを上手に活用しようと考えている親もいます。

このような親は、定期的に面談の予約を入れて継続して子供の進捗状況を報告するように努めています。

時には子供も同席しながら三者面談を実施することで、カウンセラーも子供の状況を把握することができ、親は自分の気持ちを定期的に整理することができます。

不登校に関する情報をインプットする機会は多くても、アウトプットする機会はそうそうありません。

ぜひ「面談しても特に話すことはこれ以上ないし・・・」という先入観を持たずに、子供が不登校なら継続的にスクールカウンセラーを利用するようにしましょう。

スクールカウンセラーは秘密主義なのか?

スクールカウンセラーは秘密主義なのか?
スクールカウンセラーは、不登校の子供の守秘義務をしっかりと守ってくれます。

子供の希望を優先してくれるし、良かれと思って勝手に学校に働きかけるようなこともしません。

なので安心して悩んでることを相談することができます。

また、信頼して打ち明けたデリケートな話も一切他に口外するようなことはしません

それは担任の先生に対しても同じです。

学校の先生には、スクールカウンセラーと親子の間で交わされた相談内容を知る権利はありません

またスクールカウンセラーにも親子から知り得た情報に対する守秘義務があるので、親子からの申し出がない限り学校側に相談内容を「申し送り」することはしません。

では逆に申し送りをする場合とは、

相談者が相談内容を公にした方が問題解決になると判断し、その意思をカウンセラーに伝えた場合です。

スクールカウンセラーもまた申し送りをした方が子供の精神状態にとって良いと判断すれば、状況を客観的に整理して担当の先生に説明してくれます。

余談ですがスクールカウンセラーは、これまで担当した生徒の事例について話して聞かせてくれる時があります。

たとえば似たような気質で悩んでいる生徒の話題を出す。

これは、相談者を安心させる目的のためです。

なので自分がした相談内容も、スクールカウンセラーにとっては貴重な資料になります。

この資料を基に他の生徒のカウンセリングを行うことはありますが、学校名や実名が特定されるような話し方は絶対にしないので安心してください。

スクールカウンセラーはどんなカウンセリングやアドバイスをしてくれる?


スクールカウンセラーは、実際にどのような業務を担って、どういったカウンセリングやアドバイスを実施しているのでしょう?

文部科学省が発表している書面から1つずつ見ていきましょう。

主に以下の6つの児童生徒が抱える問題についてフォローする役割を担っています。

【1】児童生徒に対する相談・助言

児童生徒の相談内容は不登校に関することが最も多いですが、いじめや友人関係の悩みについても広く相談にのってもらえます。

昨今では、SNSによる友達関係の悩みへのアドバイスも増えてます。

さらに親子関係や学習の進捗状況、発達障害やリストカットなどの自傷行為に関する相談も受け付けています。

【2】保護者や教職員に対する相談

相談相手は生徒だけではありません。

むしろ不登校の場合、親が率先してスクールカウンセラーとの面談を希望する場合が多いです。

さらに意外なところでは、学校で働く教職員の悩みに対してもアドバイスを行ってくれるのがスクールカウンセラーです。

【3】校内会議などへの参加

学校によってはスクールカウンセラーに、学校の教育方針を決める会議の場に出席してもらっているところがあります。

専門的な知識で貴重な意見をもらうためです。

ほかにも、

特別活動や道徳の時間に講師として招く。

PTAの活動で保護者に子育てに関する講話を行う。

教師を対象にしたセミナーを開催する。

などあります。

【4】相談者への心理的な見立てや対応

心理的な見立てとは、専門的な知識や過去の事例をもとに、相談者が今どのような状況にあるのか?を客観的に相手に伝えることです。

内科でたとえると、

「花粉症の症状に似ていますね。毎年この時期に発症する人が多いんですよ。大人になってから突然なる人もいます。」

といった情報ですね。

さらにそれに続く対応とは、

「花粉症に発症中は水分を意識して多めにとると、ツラい症状が緩和する人が多いですよ。もし希望するのであれば、花粉症治療に強い病院の先生を紹介します。」

といった感じです。

これを見ても分かるようにスクールカウンセラーのアドバイスとは、抜本的な解決方法を提案するのではなく他の事例を紹介して当事者を安心させること

そして、少しでも生徒がツラい気持ちにならなくても済むような対処方法について提案してくれることです。

【5】ストレスチェックやストレスマネジメントなどの予防的対応

スクールカウンセラーが対象にしているのは、現在苦しんでいる生徒だけではありません。

これから学校への行きづらさを抱えそうな「不登校予備軍」に対して、事前に学校側が対応できるようなチェックや危機管理についてアドバイスする役割があります。

【6】事件事故などの緊急対応における児童生徒の心のケア

突然の不慮の事件や事故に巻き込まれた生徒に対して、精力的に心のケアを行うのもスクールカウンセラーの大切な業務です。

自然災害も含まれます。

以上の6点が、文部科学省がスクールカウンセラーに求めているアドバイス項目です。

実に多岐にわたっていることがわかり、それだけスクールカウンセラーに求められるスキルが高いというわけです。

まとめ

スクールカウンセラーの仕事内容を通じて、不登校の生徒とどのような関わりを持ってくれるのかについて解説してきました。

基本的には受け身の態勢で、不登校の親子からの話をじっくり聞くことに専念してくれます。

『具体的なアドバイスを求めるというよりも親子で抱えてる悩みを受け止めてくれる存在』として、担任の先生の次に相談する相手として位置づけておくと良いでしょう。

スクールカウンセラーとの面談を練習台として、第三者機関に相談の裾野を広げるきっかけにしても良いと思います。

子供によっては親や先生に相談できなかったことも、スクールカウンセラーに相談することで心が軽くなった生徒もたくさんいます。

子供が親以外に相談できる大人はとても貴重です。

また親にとっても話を聴いてもらえて、プロの知識をもって回答してくれる存在は心の大きな支えになるでしょう。

ぜひ先入観を持たずに、面談の機会を持つようにしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました